ちょっとした知識で暮らしやすさはアップ!注文住宅の建築に必須の豆知識を紹介

当サイトはちょっとしたことで暮らしやすさはアップする、注文住宅の建築に必須の豆知識をご紹介しています。
イメージに合うお洒落な家を建てたいけれど、暮らしやすさも大切にしたいという場合に知っておきたいポイントとなっています。
あまり土地に余裕がない場合の、狭小敷地に快適な住宅を建てるコツも解説しているサイトです。
さらに住宅の収納力をアップさせるコツにも触れています。
物を片付けてスッキリと暮らしたい場合に参考になります。

ちょっとした知識で暮らしやすさはアップ!注文住宅の建築に必須の豆知識を紹介

良い家を手に入れられるよう、注文住宅を建てるときに知っておくと良い知識を押さえておきたいという人は多いのではないでしょうか。
注文住宅を暮らしやすくするためには、使いやすい造りの収納に気を付けます。
物の出し入れがしやすくないと使いにくいので、無理ない配置が大切です。
また部屋や通路は広すぎても狭すぎても使いづらくなります。
家事や生活の動線を考えて、移動がスムーズで暮らしやすい間取りにしておきましょう。

注文住宅が完成するまでのスケジュール

注文住宅が完成するまでのスケジュールでは、一般的に8か月から15か月ほどの時間が必要になります。
理想的な住宅を建てるための土地探しや設計プランなど、所有者自身が準備しなければならないため建売住宅の購入よりも時間がかかるのが通常です。
大体の流れとしてはまず情報収集を行って予算を決定し、施工会社選びや土地探しを行います。
住宅ローンの事前申請後に本契約を締結したら本申請を行って工事が着工されます。
土地をすでに保有しているかどうかや設計プランによって完成までの期間は変化します。
注文住宅を建てるには最短でも半年から7か月ほどの時間が必要になります。
条件に合った土地を探したり設計プランにこだわると2年以上かかることもあるので注意が必要です。
情報収集や予算の検討には1か月から3か月ほど、施工会社選びや土地探しには3か月から6か月ほどかかります。
施工会社選びや土地探しと平行して住宅ローンの事前申請を行います。
契約と住宅ローンの本申請には2か月から6か月ほど、建築工事には3か月から6か月ほど必要になるのが通常です。

注文住宅の費用がすべて書かれている見積り書の内容とチェックポイント

注文住宅の依頼先を決める際に、複数社から相見積りを取り比較検討します。
ハウスメーカーや工務店の見積もりには参考価格を知ることができる概算見積もりと、より細かな内容が記載された詳細見積もりの2種類があります。
複数社から相見積もりを取る段階では概算見積もりになります。
比較検討したのちに、依頼先が1社に絞られたら詳細見積もりを出してもらいます。
見積もりからは本体工事費や付帯工事費といった注文住宅にかかる費用が分かります。
見積もりをチェックする際のポイントは、何々一式などとまとめて項目に記載されている場合は、どういった内容なのか詳細を確かめます。
項目が分かりやすく丁寧に描かれていれば良いのですが、極端に多すぎたり少なすぎるような場合も気をつけたいもの。
見積もり内容に不明点や疑問点が見られた場合は放置せずに問い合わせると良いでしょう。
見積書を元に説明を受けたり、プランを提案してもらったりした際に、コミュニケーションに問題はないかチェックすることもポイントです。

注文住宅の建築に必要な自己資金の目安

注文住宅を購入する場合には諸費用や住宅ローンの頭金を支払うために一定の現金を用意しなければなりません。
頭金は住宅ローンの一部として金融機関に支払うもので、その他に諸費用を賄うための現金を自分で用意する必要があります。
注文住宅を購入する場合、予算の目安は自己資金が20%から30%ほどで住宅ローンは20%から30%ほどとされています。
資金計画は具体的な費用と必要な現金をどのように確保するかを検討して立てることが大切です。
世帯全体の貯蓄額に両親などからの資金援助を合計した金額が家全体の資産とされます。
建て替えや住み替えの場合には住宅を売却した資金も家全体の資産に含みます。
総合的な資産の中から実際に住宅購入に充てることができる金額を検討します。
子供の教育費や老後の暮らし、病気や事故など資金が必要になる事情を考慮した上で具体的な金額を決める必要があります。
適切な資金計画を立てるにはライフイベントや収入、支出を年表に書き出すとよいでしょう。

注文住宅の住宅ローンとつなぎ融資

注文住宅を購入する場合には住宅ローンを使うのが一般的ですが、実際に融資が実行されるのは完成した住宅が買主に引き渡されるときです。
これから注文住宅を購入する場合に、建物が完成して融資が実行されるまでの間に必要となる資金を賄うためつなぎ融資が必要になります。
この融資は使途が土地の取得や建物の建築にかかる資金に限られているのが特徴です。
住宅ローンの審査が完了して金融機関から完成後の融資について内諾を得ていることも求められます。
工事開始時に支払わなければならない着工金の他に柱や梁など建物の基本構造が完成したときに支払う上棟金、新築の場合は土地の売買代金などをつなぎ融資で賄うことになります。
工事代金はハウスメーカーや工務店と契約を締結する際に、着工時や上棟時など分割して支払うと決められるのが通常です。
基本的に自己資金で賄う必要がありますが足りない場合には融資を受けなければなりません。
土地の購入から建物の引き渡しまでの間に必要となる具体的な資金を確認した上で借り入れを行う必要があります。