注文住宅の収納力をアップさせるコツ

注文住宅の収納力をアップさせるコツ

注文住宅を建てた後で不満を感じている人は、大抵は収納力が小さいことを問題にしています。
しかし事前に家族構成に合わせて収納ペースを確保すると、衣類などを効率よく整理することが可能です。
事前に家財の量を調べて必要な空間をシミュレーションすると、室内がすっきりとした注文住宅を建築することが可能です。
一方で土地が高い大都市中心部では、リビングや子供部屋を確保するだけでも精一杯です。
したがって収納スペースの確保は難しいですが、創意工夫で各部屋にクローゼットを作ることが可能です。
都市部の住宅建築に強い会社を活用するのが、高い収納力を実現する最善の方法です。
階段の下や屋根裏の空間を活用すると、思った以上に広い収納場所を確保できます。
また快適に暮らせる住まいの事例から学ぶと、より良い住まいにすることも容易になります。
廊下部分が少ない設計プランを選ぶことで、小さな土地でも広くて整理整頓が楽な家を新築できます。

注文住宅におけるコンセントの配置について

注文住宅の魅力といえば、やはり何といっても設計の自由度が高いことでしょう。
建物外観のスタイルから室内のインテリア、さらには水まわりや屋外の設備に至るまで、住まいのあらゆる部分を自分たちの理想どおりに仕上げることが可能です。
もちろん間取りについても、思いのまま。
キッチンやリビングあるいは寝室や子供部屋など、家族の条件やライフスタイルに合わせながら、きめ細かく決めてることができます。
この際に意外と忘れやすいのが、コンセントの配置です。
部屋の広さや見栄えばかりに気を取られ、うっかりコンセントのことを忘れたり軽視してしまうと、せっかく立派な注文住宅を手に入れても、入居してからの暮らしが不自由になりかねません。
まずコンセントの配置や数については、普段の家族構成や生活パターンをしっかり把握した上で、電子レンジや冷蔵庫といったキッチン家電の集中する場所や、テレビを置くリビング、あるいはパソコンやスマートフォンなどの精密機器類を使う書斎または勉強部屋など、コンセントが不可欠になるゾーンに対し、適切な数のコンセントを使いやすい箇所に配分することが基本です。